MENU

借金返済 債務整理

借金返済

借金返済でお困りの場合でも、必ずしも全部返すことだけが、解決策とは言えません。

 

債務整理という言葉はご存知でしょうか??聞きなれない言葉かも知れませんが、簡単に言うと「あなたの借金を整理し、返済するか放棄するか計画を立てていく事」を言います。

 

債務整理には、任意整理や民事再生のような元本(借金)を減額したり返済計画を立てて和解するような方法、自己破産のように債権を免責(放棄)してもらいチャラにする方法、過払い金請求のように元本から支払過ぎた利息を計算し返還を請求する方法があります。

 

それぞれ、メリットやデメリットがありますので、それぞれの特徴をしっかり把握しておきましょう。

 

それでは、順番に債務整理のそれぞれの手法についてまとめてました。
多重債務の相談窓口では、相談メリットなどを解説しています。)

 

任意整理

各債権者と話し合いを通じて、和解案をまとめ上げます。代理人でも本人でも行えますが、交渉力が高い弁護士や司法書士向きの業務と言えます。
※裁判所が間に介入しないので、法的整理とは呼ばず任意整理と呼ばれています。

 

任意整理を行うと、和解契約書が交わされて和解通りに履行していきます。

 

和解は、将来発生する利息がストップ(利息放棄)されたり、元金の一部が放棄されるケースもありますが、これは様々です。できるだけ少ない金額で和解できるように、各債権者と交渉を重ねます。

 

逆にデメリットとして、信用情報に異動情報(=事故情報)が報告されますので、ローンやキャッシングなどの審査に影響を与える事も考えられます。
※影響とは、審査に通らない可能性があるという事です。

 

もう一つ、仮に和解通りに履行しなかった場合に、再度利息が発生します。(正確には遅延損害金と言うそうですが。)これらを約款で定めて「過怠約款」と呼びます。
※過怠約款は、利息制限法の利率の1.46を乗じた年26.28%で設定する事が多いようです。

 

 任意整理についての関連記事

  1. 任意整理 弁護士 流れ
  2. 任意整理 無料相談

 

 

自己破産

自己破産は、本人の住所がある管轄内の地方裁判所へ申し立てします。裁判所に支払能力がない事を認定させるために「破産手続きの開始」から始まり、裁判所の認可を受けてチャラにしてもらう「免責許可の決定」までの流れとなります。

 

ただし、申し立てを開始してから、一定の制限を受けたり、一度自己破産を行うと向こう10年は破産を申し立てる事ができませんので、最終的な手段として考えましょう。

 

その他のデメリットとしては、任意整理と同様に信用情報には異動情報が報告されますので、ローンやキャッシングなどの審査には影響があります。

 

 

 

民事再生

民事再生は、破産とは違い、原則3年以内で再生計画を立てて、債権者集会を通じて計画が認められれば、残りの債務を免除する事ができる手続きです。民事再生には、「小規模個人再生手続き」と「給与所得者等再生手続き」の2種類があります。

 

民事再生の利用には、借金総額5,000万円以下、継続的な収入見込がある事など上限があります。
※借金の総額に住宅ローンは含まれません。

 

破産をすると、すべての資産を手放す事になりますが、個人再生の場合は、例えば自宅とか車などの資産を守った上で、借金を減らして弁済できる計画を立てる事ができるのです。また、破産がギャンブルや浪費などで生まれた借金の免責が受けられないのに対し、民事再生にそのような制限はありませんので、資産をお持ちの方は選択すると良いでしょう。

 

逆にデメリットとしては、他の債務整理と同様に信用情報に異動情報が報告される事となります。

 

 

特定調停

最後に特定調停ですが、任意整理とは違い、裁判所が介入し、債権者と債務者の間で和解できるように促す手法です。本人の住所で管轄する簡易裁判所で担当され、原則3年以内の返済計画を立てる事となります。

 

いわゆる裁判所を使った任意整理ですし、特に難しい手続きでもないので、自分自身で行える手続きであり、費用も少なくて済むのが魅力の1つです。
※また、利息制限法に則って計算をしますので、任意整理と同じような効果を発揮する点も見逃せません。

 

デメリットとしては、他の手法と同じように、信用情報に異動情報が報告されるのと、調停が成立すると、和解調書が作成されます。

 

この和解調書は、確定判決と同じ効力がありますので、もし支払を怠るような事があると、ただちに給与差押えなどの強制執行手続きを行えますので、無理のない返済計画を立てる必要があります。

 

上記のとおり、債務整理を行うには、きちんとした計画とどの方法をとるのかを選択する事が重要で、自分で判断が難しい場合は、弁護士や司法書士などの代理人に任せるのが得策と言えます。

 

当サイトでは、口コミや評判の良い弁護士や司法書士、また全国の代理人探し、比較が可能なツールをオススメ順で並べていますので、参考にして下さい。
※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行う事をオススメします。

 

杉山事務所の特徴

【費用】
着手金、相談料 0円
成功報酬 残債務有の場合50,000円、残債務なしの場合5,000円
過払い金返還額の20.4%〜

【杉山事務所の特徴】
妥協せず、債務者の目標達成のために、徹底的に争う事でも有名。債務整理のプロフェッショナルとして妥協のない相談スタイルは、他事務所を圧倒し、過払い金返還請求額も日本一という実績もあります。

【事務所所在地】
※全国対応しています。
大阪事務所 関西エリア(大阪府・滋賀県・京都府・奈良県・兵庫県)
福岡事務所、岡山事務所、仙台事務所、広島事務所
東京事務所 関東エリア(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)

※東京23区(港区、新宿区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区、千代田区、中央区、文京区、豊島区、北区、板橋区、台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区)も、もちろん相談エリア内です。

フリーダイヤル 0120-092-877
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 初回0円
資格区分 司法書士
評価 評価5
杉山事務所の総評

月3,000件以上の相談実績、週刊ダイヤモンドでも特集されるほどの交渉力と実績は、消費者金融と対等以上に渡り合えるノウハウもあり、あなたの強力な援護をしてくれるでしょう。

フリーダイヤル 0120-092-877
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

弁護士法人アドバンスの特徴

【費用】
・任意整理
 相談料 何度でも相談料無料
 着手金 1社あたり2万円
 成功報酬 1社あたり2万円
 減額報酬 借金減額分に対して、10%

・過払い金請求
 相談料 何度でも無料
 着手金 0円
 成功報酬 1社あたり4万円
 過払い金回収額の20%(訴訟の場合は、25%の回収額)
※過払い金が回収出来なかった場合は、一切請求はしませんので、ご安心下さい。

・自己破産
 着手金 20万円
 報酬金 20万円 
※同時廃止、管財事件共通の金額です。

・民事再生
 着手金 20万円
 報酬金 20万円
※住宅資金特別条項を利用する場合は別途10万円を追加費用として必要です。  全て、税抜きの価格です。

相談料 0円
資格区分 弁護士
評価 評価5
弁護士法人アドバンスの総評

24時間チャット相談が出来る!

のは、弁護士法人アドバンスだけの画期的なシステムです。


なお、匿名で何度でも相談できるため、ご自身のペースで誰にも内緒で相談する事が可能です。

また、チャットでは連絡先を登録不要ですので、あとで連絡が来ないか?と心配も不要なので、安心して相談する環境が整っているのが特徴です。

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所の特徴

【費用】
着手金、相談料 0円
過払い金返還額の最大18.00%〜受任件数に応じて変動。
任意整理の費用は、債権数に応じて変動。
 1社〜3社、債権者1社ごとに 50,000円
 4社〜5社、債権者1社ごとに 40,000円
 6社以上、債権者1社ごとに 20,000円
1債権者あたり、10,000円の口座事務手数料が発生。
※減額報酬や和解成功報酬などは、発生しません。

【アヴァンス法務事務所の特徴】
相談は何度でも無料、債務診断(無料)で、あなたにピッタリのプランを提案してくれます。また、生活再建のサポートも相談に乗ってくれるので、債務整理後もあなたの力になります。

【事務所所在地】
※全国対応可能
中でも東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県には事務所エリアのため強みを発揮します。

フリーダイヤル 0120-139-510
※電話での相談は、フリーダイヤルですので、無料相談可能です!!

相談料 何度でも0円
資格区分 司法書士
評価 評価5
アヴァンス法務事務所の総評

全国対応、受付は24時間可能です。女性専用ダイヤルもあるので、女性でも安心して相談して下さい。

フリーダイヤル 0120-139-510
※電話での相談は、フリーダイヤルですので、無料相談可能です!!

岡田法律事務所

岡田法律事務所の特徴

【費用】
着手金 0円
基本報酬 20,000円
減額報酬 10%
成功報酬 20%(訴訟の場合は25%)
その他費用 5,000円
※別途消費税が必要です。

【岡田法律事務所 特徴】
依頼の際には面談が必要ですが、平日時間が取れない、時間が無い方でも土日含めて全国対応してくれる弁護士事務所です。

また、全国で定期的に無料相談会も実施しているので、安心して相談に入れるのが特徴です。

【事務所所在地】
※全国対応しています。
東京

【連絡先】
フリーダイヤル 0120-425-169
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 初回0円
資格区分 弁護士
評価 評価4
岡田法律事務所の総評

メール相談は「匿名相談」が可能、9つの入力フォームなので、極力手間を省けますので、面倒な入力を避けたい方にオススメです。

フリーダイヤル 0120-425-169
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

お金がないのに飲み会

弁護士法人サルート法律事務所の特徴

【弁護士法人サルート法律事務所 オススメポイント】
弁護士法人サルート法律事務所は、弁護士経験30年以上の経験豊富なベテランの弁護士がおります。
様々な債務案件に柔軟に対応出来、頼りがいのある事務所です。

【弁護士法人サルート法律事務所 報酬】

  • 着手金 1社につき39,800円(完済債権は0円!
  • 定額報酬 1社につき20,000円
  • 成功報酬 返還額の20%
  • 減額報酬 減額分の10%
※すべて税別です。
 
フリーダイヤル 0120-103-376
 
ヤミ金相談フリーダイヤル 0120-110-533
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 0円
資格区分 弁護士
評価 評価4

街角法律相談所

街角相談所-法律-の特徴

【費用】
無料シュミレーター匿名申込プログラム 0円

【当サイトの特徴】
全国の相談機関や法律事務所から、あなたの相談内容に応じて、ピッタリの関係機関を見つける事が可能です。

匿名、住所の入力も不要とプライバシーも守られて安心です。

【対応エリア】
全国

相談料 0円
資格区分 弁護士 司法書士
評価 評価4
街角相談所-法律-の総評

3つの入力項目のみ、時間にして3分であなたが探してる条件に合う相談先を見つけるこも可能です。

 


借金返済 多重債務

借金返済

 

続いて、いわゆる多重債務状態の方が借金返済に困った場合にどうすれば良いか??についてですが、先ほどから紹介している債務整理で借金問題を解決するのも1つの方法です。

 

もちろん、各債権者と個別に話し合いができて、救済案がまとまれば借金返済の道筋が見えてくるかも知れませんが・・・

 

1社、2社が相談に応じる事はあっても、なかなか全ての債権者が同じように相談に乗ってくれるのは難しいかも知れません。

 

そんな時に債務整理で、手続きを進めることができれば、第三者の介入で自体が良い方向に向かう事もあり得ます。

 

ぜひ、一度検討してみると良いでしょう。

 

 こちらも合わせて読まれています

 

⇒ 多重債務問題 クレサラ


多重債務 カウンセリング 借金

多重債務になるほど借金をしてしまう人は要カウンセリングです

 

借金を重ねて多重債務になってしまった場合、どのようにしたら返済が出来るのかを考えることも大事ですが、なぜ多重債務に陥ってしまったのかを考えることも大事です。

 

収入があるのにお金を借りるということは浪費が激しいということであり、収入がほとんどないのにお金を借りるのであれば、計画性がまったくないということになります。

 

そのような状態になるのは、心理的な問題を抱えているということも珍しくありません。たとえば、現状に大きな不満があり、それをうまく解決できないためギャンブルにはまってしまい、そのせいで借金が増えていってしまったけど、ギャンブル依存を治せないといった場合です。

 

こういうケースではカウンセリングを受けて心の治療をしないと、本当の意味で多重債務問題は解決しません。借金問題を解決するには抜本的な解決が必要です。表面上の解決とならないようにできる事を尽くしていきましょう。

 

 

 こちらも合わせて読まれています

 

⇒ 借金苦 うつ病

 

 

収入と返済額の支出が合わないと借金返済は無理です

返済額の総合支出が、収入の35%を超えると限界が近いです。

 

借金返済するために借金をするようになってしまった場合は、もう手遅れです。それではその場は凌げても、必ず限界がきます。遅くなればなるほど状況は悪化してしまいます。

 

 

きついと感じたら法律事務所の弁護士に相談をしてください。

そこまできてしまうと、借金返済することは不可能だと思って良いですし、一人で悩んだり苦しんでいてもなにも解決はしません。

 

精神的な病気になってしまう前に相談をすることがとても大事です。弁護士の方は一生懸命親身になって最善の解決策を提案し、実践をしてくれますので、弁護士の方には嘘をついてはいけません。

 

すべてを正直に話すことから始まります。最終的に自己破産を提案されても受け入れる事が大事です。

 

収入を返済額トータルの支出が超えるまえに相談をしてください。毎月、借金を返済できてれば良いというものでもありません。貯蓄もしながら返済をしないと、生活を改善することは難しいです。

 

借金返済 無料相談

上記の通り、借金返済については、何も返すだけが解決策ではない事は理解頂けたかと思います。

 

だけど、弁護士とか司法書士に相談するには、敷居が高い気がする。。。

 

と感じている方は、最終的には弁護士や司法書士など専門家に繋がれる可能性が大ですが、市町村の消費生活センターや法テラスと呼ばれる機関を利用するのも1つの手段です。

 

公的機関はじめ有効な情報はたくさんあります。

消費生活センターや法テラスは、多重債務救済の手段として、弁護士や司法書士とも連携を強化していますし、法テラスに至っては、もし受任手数料などが出せない場合でも、扶助制度が受けられる事もありますので、債務整理を行う事ができるようになります。
※扶助制度については、条件などを公式サイトで確認するようにしましょう。

 

また、公的機関や扶助機関にあたりますので、無料で相談ができますし、相談料などを取られる事はありませんので、安心して相談してくださいね。

 

法律(法務)事務所に相談する方法も有効手段です。

あとは、大手の弁護士や司法書士事務所をはじめ、借金系の相談に強い専門家が在籍する法律(法務)事務所は、相談料無料としているところも多いです。

 

まずは、あなたの置かれている状況を知ってもらい、債務整理を含め、借金問題の解決、借金返済のためにできる事について、アドバイスをもらう事から始めるのも良いかと思います。

 

今後当サイトでは、皆さんのお役に立てる情報を随時更新予定ですので、うまく活用して頂ければと思います。

 

 

【参考情報】
※全国対応エリアは以下の都道府県です。

  • 北海道地方

    北海道

  • 東北地方

    青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

  • 関東地方

    茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

  • 中部地方

    新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県

  • 近畿地方

    三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

  • 中国地方

    鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

  • 四国地方

    徳島県、香川県、愛媛県、高知県

  • 九州地方

    福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

※出張相談などは、まずはメール無料相談や電話相談にて確認を取りましょう。

 

 

 

貸金業者登録一覧 2014年7月現在

※下記の貸金業者で借入しているキャッシングやクレジットカードなどでの借金問題は、十分解決できますので、ご安心下さい

 

株式会社エア・ウォーター企業、株式会社ジャックス、株式会社札幌北洋カード、中道リース株式会社、平和興産株式会社、道銀カード株式会社、株式会社千代田信用、小畑平蔵商事株式会社、株式会社伊東商事、株式会社東北しんきんカード、株式会社七十七カード、株式会社東北ジェーシービーカード、株式会社東邦カード、あおぎんカードサービス株式会社、株式会社秋田ジェーシービーカード、きたぎんユーシー株式会社、きらやかカード株式会社、株式会社福島カードサービス、株式会社いわぎんディーシーカード、株式会社いわぎんクレジットサービス、株式会社大東クレジットサービス、株式会社東邦クレジットサービス、株式会社秋田国際カード、みちのくカード株式会社、フィデアカード株式会社、やまぎんカードサービス株式会社、ゼビオカード株式会社、東和商事株式会社、ヤマトクレジットファイナンス株式会社、東光商事株式会社、アコム株式会社、株式会社アサックス、泰平物産株式会社、株式会社クレディセゾン、株式会社日光商事、三菱UFJニコス株式会社、株式会社オリエントコーポレーション、オリックス株式会社、株式会社エイワ、豊和商事株式会社、オリックス・クレジット株式会社、東急カード株式会社、株式会社ジェーシービー、SMBCファイナンスサービス株式会社、イオン住宅ローンサービス株式会社、菱信ディーシーカード株式会社、株式会社あしぎんカード、株式会社八十二ディーシーカード、リコーリース株式会社、タイヘイ株式会社、芙蓉総合リース株式会社、株式会社日産フィナンシャルサービス、三菱UFJリース株式会社、東京センチュリーリース株式会社、三菱電機クレジット株式会社、日立キャピタル株式会社、昭和リース株式会社、東銀リース株式会社、興銀リース株式会社、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド、みずほファクター株式会社、第四ジェーシービーカード株式会社、ちばぎんジェーシービーカード株式会社、りそなカード株式会社、さくらカード株式会社、株式会社労金カードサービス、北越カード株式会社、株式会社常陽クレジット、株式会社東京クレジットサービス、株式会社しんきんカード、株式会社群銀カード、三井住友トラスト・カード株式会社、フレックス株式会社、むさしのカード株式会社、第一生命カードサービス株式会社、出光クレジット株式会社、ニッセイ・リース株式会社、株式会社レオパレス21、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)、NTTファイナンス株式会社、株式会社TSBキャピタル、朝日生命カードサービス株式会社、トヨタファイナンス株式会社、ナイスコミュニティー株式会社、株式会社京葉銀カード、ちばぎんディーシーカード株式会社、株式会社エムアイカード、ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社、東和カード株式会社、とみんカード株式会社、株式会社損保ジャパン・クレジット、宝栄株式会社、第四ディーシーカード株式会社、東京海上日動ファイナンス株式会社、長野カード株式会社、たいこうカード株式会社、商工中金カード株式会社、株式会社セゾンファンデックス、株式会社とちぎんカード・サービス、株式会社八千代クレジットサービス、株式会社ゼロファースト、山梨中銀ディーシーカード株式会社、株式会社いばぎんカード、新生フィナンシャル株式会社、三井住友トラスト・ローン&ファイナンス株式会社、東日本銀ジェーシービーカード株式会社、スルガカード株式会社、財形住宅金融株式会社、シンキ株式会社、株式会社アイエスアイ、アルプスファイナンスサービス株式会社、株式会社モビット、ビジネクスト株式会社、CFJ合同会社、株式会社東武カードビジネス、株式会社ホンダファイナンス、株式会社セブン・カードサービス、SBIモーゲージ株式会社、ポケットカード株式会社、イオンプロダクトファイナンス株式会社、株式会社エール、島屋クレジット株式会社、センチュリーファイナンス株式会社、ジェイ・シー・エフ株式会社、株式会社ジャパンデンタル、野村證券株式会社、シティカードジャパン株式会社、ヤフー株式会社、株式会社エポスカード、首都圏リース株式会社、三菱UFJファクター株式会社、協同住宅ローン株式会社、株式会社日医リース、オリックス債権回収株式会社、ユーシーカード株式会社、大和証券株式会社、株式会社サンステージ、株式会社NTTドコモ、株式会社リロ・フィナンシャル・ソリューションズ、MMCダイヤモンドファイナンス株式会社、東洋プロパティ株式会社、全宅住宅ローン株式会社、株式会社ジェイ・モーゲージバンク、株式会社ライフランド、株式会社優良住宅ローン、三井住友ファイナンス&リース株式会社、全宅ファイナンス株式会社、ぐんぎんリース株式会社、JA三井リース株式会社、ちば興銀カードサービス株式会社、日本モーゲージサービス株式会社、株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ、SMBC日興証券株式会社、株式会社ビューカード、日本GE株式会社、株式会社コメリキャピタル、一般社団法人生活サポート基金、株式会社ファミリーライフサービス、株式会社ゴールドポイントマーケティング、株式会社ビジエンス、株式会社建設経営サービス、ライフカード株式会社、株式会社セブンCSカードサービス、楽天カード株式会社、株式会社リンクス、りそな決済サービス株式会社、IBJL東芝リース株式会社、SMBCフレンド証券株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社、三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社、NECキャピタルソリューション株式会社、一般財団法人競馬共助会、株式会社ビジネスパートナー、ALC.japan株式会社、株式会社エービーシーファイナンス、KDDIフィナンシャルサービス株式会社、SBIマネープラザ株式会社、サーラフィナンシャルサービス株式会社、ダイレクトワン株式会社、株式会社三重銀カード、株式会社百五ディーシーカード、株式会社愛銀ディーシーカード、株式会社十六カード、株式会社名古屋カード、静銀ディーシーカード株式会社、共立クレジット株式会社、株式会社中部しんきんカード、株式会社中京カード、株式会社ユニーファイナンス、第三カードサービス株式会社、株式会社名古屋エム・シーカード、株式会社UCS、清水リース&カード株式会社、リビング・サポート株式会社、静銀セゾンカード株式会社、株式会社クレディア、株式会社セディナ、東海東京証券株式会社、北陸商事株式会社、株式会社北国クレジットサービス、株式会社北陸カード、三県商事株式会社、株式会社福井カード、富山ファースト・ディーシー株式会社、福邦カード株式会社、株式会社プライメックスキャピタル、富士クレジット株式会社、株式会社日本保証、三井住友カード株式会社、株式会社近畿しんきんカード、京都クレジットサービス株式会社、アイフル株式会社、ディー・エフ・エル・リース株式会社、シャープファイナンス株式会社、株式会社池田泉州JCB、株式会社滋賀ディーシーカード、株式会社関西クレジット・サービス、積水リース株式会社、京銀カードサービス株式会社、JFRカード株式会社、ニューファイナンス株式会社、株式会社みなとカード、株式会社ディーアイ、株式会社紀陽カードディーシー、株式会社紀陽カード、南都ディーシーカード株式会社、株式会社池田泉州VC、南都カードサービス株式会社、株式会社しがぎんジェーシービー、ビアイジ株式会社、三鷹産業株式会社、ニッセン・ジー・イー・クレジット株式会社、イズミヤカード株式会社、株式会社京阪カード、株式会社日証、大和ハウスフィナンシャル株式会社、株式会社アプラスパーソナルローン、株式会社アプラス、株式会社アイビーネット、株式会社アップス、株式会社キャネット、株式会社ペルソナ、株式会社クボタクレジット、倉敷金融株式会社、株式会社産興社、全日信販株式会社、山陰信販株式会社、株式会社中国しんきんカード、日本海信販株式会社、もみじカード株式会社、株式会社やまぎんカード、中銀カード株式会社、ひろぎんカードサービス株式会社、株式会社とりぎんカードサービス、西京カード株式会社、トマトカード株式会社、株式会社ゆめカード、しまぎんユーシーカード株式会社、株式会社青山キャピタル、天満屋カードサービス株式会社、株式会社百十四ディーシーカード、株式会社四国しんきんカード、株式会社愛媛ジェーシービー、株式会社高知カード、株式会社西日本ジェーシービーカード、株式会社いよぎんディーシーカード、株式会社いよてつカードサービス、阿波銀カード株式会社、株式会社えるく、トモニカード株式会社、株式会社セントラル、株式会社アスト、株式会社フジ・カードサービス、九州日本信販株式会社、九州カード株式会社、KCカード株式会社、株式会社九州リースサービス、株式会社十八カード、モデルクレジット株式会社、株式会社大証、株式会社モデル百貨、シティックスカード株式会社、株式会社井筒屋ウィズカード、株式会社しんわ、株式会社キューコーリース、株式会社第一ゼネラルサービス、株式会社eコーポレーション(eクレジット)、株式会社FFGカード、株式会社エム・アール・エフ、株式会社九州しんきんカード、株式会社大分カード、株式会社鹿児島カード、株式会社オーシー、肥銀カード株式会社、株式会社日専連ファイナンス、株式会社ヒタックスカード、株式会社レンツ(シティクレジットレンツ)、宮銀カード株式会社、株式会社キャネット、株式会社りゅうぎんディーシー、株式会社おきぎんジェーシービー、株式会社OCS

 

引用先 〜金融庁HP内 貸金業者登録一覧〜

 

お金を稼ぐ情報

 

 

借金返済 トップへ戻る

更新履歴