さ行・た行

MENU

さ行

債務の弁済

弁済とは 債務の内容を実現する 債務者の行為のことをさします 。

 

債務の履行とも表現され、 債務者が弁済するために必要な準備をして、債権者に協力を求めることになります。

 

現実の提供

債務の約定に従って、現実的な提供である事が必要です。

 

弁済の費用

当事者間の特約がない限り、債務者の負担とします。

 

利息制限法には、 契約の締結や債務の返済に要する費用は利息とみなさないとされています。

 

 

出資法

出資法とは、出資の受入れ 預り金及び金利等の取締りに関する法律能力です。

 

平成19年1月20日より 貸金業者が年109.5%を越える割合による利息の契約をした場合、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金 、もしくは併科されることとなりました。

 

出資法は、現在では利息制限法と上限金利が揃っていて上限20%となっています。

 

 

消費者契約法

消費者契約法とは 消費者と事業者のあいだで 消費者が誤認したり、困惑したりした場合に、その契約の申込みや承諾の意思表示を取り消すことができるようにまとめた法律です。

 

クーリングオフについても、こちらの法律でまとめられています。

 

 

時効の制度

時効とは 長期間継続した法律状態を安定させるためにその法律状態を法律上 の広告がしょうじたものとして認める制度です。

 

時効制度は、長年 自分の権利を行使しない 権利の上に眠る者は 法律が保護するに値しない ということを判断基準としています。

 

 

時効の中でも、債権者の権利 を更新しない状態が一定期間継続することを消滅時効といいます。

 

消滅時効の期間は 一般債権は10年間、債権や所有権以外の財産は20年、商行為によって、生じた債権は5年となります。

 

 

消滅時効の中断事由

消滅時効を継続せずに 時効の完成を阻止する手段事由があり、それらを時効の中断事由と呼びます。

 

中断事由には、

  • 請求
  • 差し押さえ、仮差し押さえ、仮処分
  • 承認

 

請求については、裁判上の請求とし、 支払督促の申立 和解の申し立て 調停の申し立て 破産手続参加 更生手続参加 などがあります。

 

 

また、請求には 催告とあり、裁判外で履行請求する方法です。

 

ただし、 催告は、後日に裁判上の請求を行わなければ、 時効中断の効力は生じません。

 

 

時効の起算日

時効は権利を行使することができる時から進行します。

 

予定を行使することができるのは、弁済期の到来や、期限の利益の喪失事由の発生など、権利の行使が法律上可能とのことです

 

 

指定信用情報機関

指定信用情報機関に加入した貸金業者は、該当する情報の提供を求められます。

 

情報には、

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 契約年月日、貸付の金額、その他に定められた事項

があります。

 

利用目的は、顧客や資金需要者の返済能力の調査など、定められた目的以外に使う事はできません。

た行

編集中