過払い金請求

MENU

過払い金請求記事一覧

過払い金請求 法律事務所 ランキング

過払い金請求を行う際に、気にしたいのが「費用」とあなたに戻る「過払金額」です。費用は、経費と考えても良いかと思いますが、過払い金請求に関わる全てです。例えば、書類作成、郵送費、交通費、もしご自分でされる場合は手続きにかけた時間もある意味費用と言えそうです。あとは、弁護士や司法書士などの代理人に依頼する場合は、受任に関わる費用の一切と言えます。代理人の費用には、受任手数料(着手金)、過払い金請求にあ...

過払い金請求 個人信用情報

平成22年1月14日金融庁が、当時完全施行を予定していた貸金業法において、指定信用情報機関の認定を行うにあたり、信用情報機関は、過払い金返還請求の記録は削除する事が条件となっていました。金融庁の見解では、「返還請求は顧客の正当な権利で、信用情報と直接関係しない」としており、当時の貸金業者の見解として、過払い金返還請求を行った債務者は、不良化傾向が高いとされていたため、契約見直し コード:71と呼ば...

過払い金請求 リスク

過払い金請求ですが、リスクがあるとなかなか手続きに踏ん切りがつかない。という方も多いかもしれません。しかし、結論から申し上げると、「過払い金請求にあたり、ほとんどリスクと見えるリスクはない」と言えます。プライベートの問題1つ取っても、過払い金請求をしている事を家族や友人、会社にバレる事も基本的には考えにくいです。(プライバシーにも配慮されていますので。)そこで当サイトでは、「住宅ローン」、「倒産リ...

過払い金請求 住宅ローン

よく過払い金請求を行うと、住宅ローンを組むのに影響が出るのか?と心配される方もいらっしゃいます。そこで、元消費者金融の社員の友人に聞いてみました。結論としては、住宅ローンに影響が出るのは、限定的だと思われますが、確実な事も言えません。という回答でした。えっ?そうなると、住宅ローンをこれから組めないの?あともし今時点で住宅ローンを抱えている場合は、契約違反になり全額の請求をされたりするの??と心配も...

新生銀行グループのレイクは、過払い金請求を行う際には、あなたの管轄する簡易裁判所(訴額が140万円を超える場合には、地方裁判所)にて、訴訟を起こす事が可能です。その際、自分で手続きするのが大変であれば、代理人となりえる法律(法務)事務所で専門家に任せる方法が良いかと思います。ではどこの法律(法務)事務所が良いのか??となった場合ですが、特に指定がなければ、CMで見かけるような大手の事務所で全国対応...

過払い金 法律事務所 評判

過払い金を請求する際に気になるのが、「いくら払いすぎた利息が戻ってくるのか、請求をしてからどれくらいで戻ってくるのか」だと思います。しかし、素人では判断できない事も多いため、代理人請求として法律の専門家に依頼する方法を選択される方も多いのですが、その際に気にしたいのが法律(法務)事務所の評判です。各事務所の評判は、どれくらいの返還実績があるのか、請求の際の交渉スタイル、進め方などを公式サイトで紹介...

過払い金 法律事務所 評判 アディーレ

過払い金請求をする際には、法務事務所に依頼することをおススメします。最近はテレビCMでもおなじみのアディーレが人気のようです。アディーレ法務事務所は全国対応で相談にも応じてくれます。近隣に法務事務所がない。でも過払い金請求をしたいという方には非常に助かりますよね。ネットから、電話からも簡単に問い合わせることが可能ですし、土日祝も相談に応じてくれます。しかし、実際に利用した方の評判を見てみると、「と...

過払い金 法律事務所 評判 弁護士

過払い金を請求する際に、自分でしようと思うとかなりの労力が必要です。そのため、法務事務所に依頼する人が急増しているようですね。法務事務所は弁護士、行政書士、司法書士などお金に関するプロが在籍していますが、本当にその人たちに頼んで良いものか?初めての場合には不安になりますよね。何とか頼りになる弁護士を見つける方法はないものかと調べてみると、弁護士会法テラスなどの専門機関があります。また、過払い金請求...

引き直し計算

過払い金請求を行う際に、利息制限法の計算方法で計算し直す事を「引き直し計算」と呼びます。引き直し計算は、ほとんどの会社で利息制限法に計算せずに取引開示をしてくるため、自分で計算する事が求められます。そんな時に、利息計算ソフトがあると、かなり便利できちんと計算する事が可能です。これできちんと計算が整えば、代理人に請求せずに自分で手続を進める事も可能なのですが、大体が複雑多岐な計算であると言えそうです...

多重債務 カウンセリング 電話

自分でも出来る過払い金計算方法はあります。まずは、金融会社との取引履歴をすべて集める必要があるので、自分が契約して融資を受けたことがある金融会社すべてから、過去の取引履歴をもらう必要があります。これは金融会社に取引履歴の請求をしなければならないので、これはやや手間がかかる作業です。過払い金計算方法自体は利息の計算をすればよいだけなので、計算方式さえ覚えてしまうと、後は取引履歴からすべての利息を計算...

過払い金計算方法 簡単

最も簡単な過払い金計算方法は無料で依頼を受けてくれる法律(法務)事務所などを利用して、専門家にすべてを任せる方法です。これほど簡単な過払い金計算方法はありません。一般的に専門家に依頼するとなると費用がかかるので、どうしても費用をかけずに自分で計算をしたいと思うことがありますが、法律(法務)事務所などで専門家を利用する場合に費用がかからないところはたくさんあります。もちろん、実際に金融会社に対して過...

過払い金 可能性 請求

借金の返済中や返済後にわずかでも払い過ぎた返済金が発生している可能性があるのであれば、借り入れ先の金融会社に対して払い過ぎた分のお金について返還請求を行うべきです。特に、借入期間が5年を超えている場合や、10万円超100万円以下の借り入れについては年率18%、100万円以上の場合は年率15%を超えた金利で借り入れた場合は、過払い金が発生している可能性が高いと言われています。過払い金の返還請求は自分...

過払い金 可能性 発生

過払い金が発生する可能性というのはお金を借りたことがある人すべてにありえるものであり、融資内容にはいくつかのポイントがあります。まず、長期的な融資を受けたことがある場合は自然と返済期間が長くなります。返済期間が長くなると利息を支払う期間も長くなるので、こうして過払い金が出てくることがあります。また、融資内容として金利が高い設定でお金を借りたことがあると、それも一つの可能性となってきます。言わば、お...

過払い金 可能性 司法書士

10年以上借入の返済をしている人は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金がある場合でも、金融機関に対して請求をしなければ払いすぎた金額は返ってきません。該当するのではないかと思っている人は、自分で請求手続きを行うこともできますが、個人で請求を行うと、金融機関が請求に応じない場合もあるので注意が必要です。スムーズに手続きを進めるためには、司法書士など専門家に相談をしたほうが良いでしょう。...

過払い金 可能性 借金

過払い金とは借金をしたことがある人すべてにおいて可能性があります。特に大きな融資を長期で借り入れした人、又は金利が高い設定でお金を借りたことがある人は注意をしたいところです。簡単に言えば、過払い金は融資を受けたときに利息をたくさん支払っている人ほど可能性は高くなります。どのような状況で融資を受けたにせよ、思い当たる節がある場合は必ず事実を確認する必要があります。どのようにして事実確認するのかと言え...

過払い金 可能性 利息

過払い金とは、利息を支払いすぎている状態を指します。なぜ支払いすぎているのかというと、法律に上限が定められているからです。法定利率を超えて貸し付けた場合には、その分は無効になります。具体的には10万円未満なら年率で20%、10万円以上100万円未満なら年率で18%、100万円以上なら年率で15%と定められています。これを超えて貸し付ける事は違法とされ、その場合には返還しなければなりませんから注意が...

過払い金 可能性 法律事務所

過去に消費者金融などから借り入れをしていたことがあった場合には、過払い金が発生している可能性はあります。もしも発生していれば、返還請求をすることによって返還してもらう事ができるのですが、素人では発生しているかどうかを判断する事も難しいですし、発生していた場合にいくら請求できるのかを計算するのも難しいでしょう。ですから、もしも過払い金が発生しているかも知れないと思ったときには、専門家に相談をするのが...

過払い金 可能性 貸金業者

貸金業者から借り入れをしたことがある人の場合には、過払い金が発生している可能性があります。もしも発生していれば、きちんとした手続きをとることによって返還してもらう事ができますから、法律の専門家に相談をするのが良いでしょう。ただ、借り入れをしたことがあれば必ず発生しているわけではありません。法律の上限金利を超えた金利で借り入れをしていた場合にしか発生しませんから、この点について把握しておくことは必要...

過払い金 可能性 キャッシング

基本的に、過払い金問題と言うのは少額融資であるキャッシングでしか発生しない案件です。何故かと言うと、大手の金融機関が提供している大型のローンと個人の消費者に融資を提供している少額融資では適用される法律に大きな違いが存在するからです。少額融資のサービスには少額融資にしか適用されない法律が存在します。特に、利息に関しては曖昧な法規制になっており、請求できる利息の金額に大きなバラツキが生じていたのです。...

過払い金 可能性 金利

金利の計算をすることによって、過払い金の可能性を考えることが出来ます。過払い金というのは、金融機関が根拠とする利息の問題だと言えます。実は、金利に関する法律と言うのは、「利息制限法」と「出資法」の二つが存在し、後者の出資法の方が金融機関にとって請求できる利息の金額が大きいことがわかっているのです。そのため、金融機関が請求する利息の範囲は利息制限法と出資法の二つで大きく異なることになり、この範囲の違...

過払い金 可能性 業者

お金を借りる業者によっては過払い金が発生する可能性がありますので、融資の際にはきちんと注意をしてお金を借りるようにしなくてはいけません。過払い金というのは、返済をするときに金融機関に対してお金を返済しすぎてしまうことを言います。本来ならば返済しなくても良いお金を返済しているわけですから、返済しすぎてしまったお金に関しては後から返還請求をすることが出来るようになっています。具体的には、任意整理という...

過払い金 可能性 取引年数

キャッシングやクレジットカードなど、どのような金融商品でお金を借りる場合でも、その取引年数が長いほど過払い金がある可能性は高くなるので覚えておきたいところです。どうして、取引年数が長いと過払い金の可能性が高くなるのか?これはとても簡単な理由です。基本的に長い取引を行っている場合はそれだけ金融会社に対して利息をたくさん支払っていることになります。しかも、その内容として高額な融資を受けて金利がやや高い...